特定許可と一般許可

特定建設業許可と一般建設業許可の違い

 

一般建設業許可 特定建設業の許可を受けようとする者以外の者が取得する許可です。

特に元請でなく、下請のみの事業所は一般建設業許可で大丈夫です。

特定建設業許可 発注者から直接請負う1件の建設工事につき、その工事の全部又は一部を、4,000万円(その工事が建築一式工事の場合には6,000万円)(取引に係る消費税及び地方消費税の額を含む)以上となる下請契約(下請契約が2以上あるときは、下請代金の総額)を締結して施工しようとする者が取得する許可です。

特定建設業許可は一般建設業許可よりも厳しい要件を満たす必要があります。

 

 

 

T&Sリーガルパートナーズ
行政書士 ぶらり事務所(坂元)/広鹿事務所(田中)

631-0078
奈良県奈良市富雄元町二丁目329-1
上田ビル2階 205号室

電話  050-1001-2231
FAX
 0742-93-3604