戸籍を知ろう

戸籍制度について

戸籍制度とは日本人の国籍に関する事項を証明する制度であり、その内容を戸籍簿に記録しています。

 

戸籍謄本

 

 

戸籍簿は「戸籍」(現在の戸籍内容を証明)、「除籍」(戸籍に記載されている者全員が婚姻・死亡・転籍などにより除籍になったことを証明)、「改製原戸籍」(戸籍を改製(作り替え)する前の証明)があります。

 

法定相続人の特定を行う時などに必要となる非常に重要な書類です。

 

各書類は次の表のように分類されます。

 

戸籍 戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)

戸籍に記載されている者全員の証明

戸籍個人事項証明書(戸籍抄本)

戸籍に記載されている一部の者の証明

除籍

結婚、死亡、転籍などで、在籍する者がいない戸籍

除籍全部事項証明書(除籍謄本)

戸籍に記載されている者全員の証明

除籍個人事項証明書(除籍抄本)

戸籍に記載されている一部の者の証明

改製原戸籍

戸籍法の改正による書き換えがされる前の戸籍

改製原戸籍謄本

改製原戸籍に記載されている者全員の証明

改製原戸籍抄本

改製原戸籍に記載されている一部の者の証明

表中の()内の表記は、戸籍簿の記録をコンピュータ化する前の証明です。

現在、ほとんどの自治体は戸籍簿の記録をコンピュータ化しており、()内の証明は少なくなっています。

 

戸籍取り寄せサービス

弊所では戸籍取り寄せサービスを行っております。
相続手続きに必要な戸籍の取り寄せをします。
相続人様のご負担を軽減することができます。

 

 

次は「法定相続人の範囲とは」を見てみましょう。

 

 

T&Sリーガルパートナーズ
行政書士 ぶらり事務所(坂元)/広鹿事務所(田中)

631-0078
奈良県奈良市富雄元町二丁目329-1
上田ビル2階 205号室

電話  050-1001-2231
FAX
 0742-93-3604