遺産分割協議書を作成

遺産分割協議書

 

遺産分割協議書とは

 

相続人が複数人おられる場合で、遺言書がなかったり、遺言書に記載された内容が遺産の一部である場合、相続人の話し合いにより、遺産分けについて合意した内容をまとめた書類です。

被相続人の氏名・住所・死亡日、相続する財産の内容、誰が何の財産を取得するのかなどを記載し、相続人全員が自筆で署名して、実印を押印して作成します。

 

この遺産分割協議書を用いて、遺産の処分手続きができます。

銀行の手続き不動産の名義変更手続き株式の名義変更手続き車等の名義変更手続き、そして相続税の申告にも使用することになります。

 

遺産分割協議書を作成しておけば、全員の合意結果として、後のトラブル防止にもなります。

 

遺産分割協議書作成のポイント

01 見出しとして「遺産分割協議書」と表記する

02 被相続人の氏名、住所、死亡日

03 相続する財産の具体的な内容とその割合

04 誰が何の財産を取得するのか

05 不動産の記載は登記簿謄本や権利書で確認して正確に記載

06 自筆で署名

07 実印と印鑑証明書を相続人全員分準備

08 預貯金、車、株式等の遺産や債務はもれなく記載

09 代償分割の場合、代償金額と支払期限を明確に記載

10 そのほかの財産や後に発見された財産をどうするか

11 相続人全員が各自1通ずつ原本を保管

 

遺産分割協議書が複数ページにまたがった場合は、各ページに割印を押します。

(割印は相続人全員が押します)

 

 

弊所では遺産分割協議書作成を行っております。
ご依頼をお待ちしております。

 

 

次は「遺族による銀行手続き」を見てみましょう。

 

 

T&Sリーガルパートナーズ
行政書士 ぶらり事務所(坂元)/広鹿事務所(田中)

631-0078
奈良県奈良市富雄元町二丁目329-1
上田ビル2階 205号室

電話  050-1001-2231
FAX
 0742-93-3604