遺族による銀行手続き

遺族による預金口座手続きに必要な書類について記載しますので参考にしてください。

金融機関ごとに異なることがありますので、手続き前にお取引金融機関にご確認ください。

銀行通帳

 

(1)遺言書がある場合

概ね次の書類が必要です。

 遺言書

 検認調書または検認済証明書(公正証書遺言以外の場合)

自筆証書遺言保管制度を利用した場合は、遺言書情報証明書

 被相続人の戸籍謄本または全部事項証明(死亡が確認できるもの)

 その預金を相続される方(遺言執行者がいる場合は遺言執行者)の印鑑証明書

 遺言執行者の選任審判書謄本(裁判所で遺言執行者が選任されている場合)

 

(2)遺言書はないが、遺産分割協議書がある場合

概ね次の書類が必要となります。

 遺産分割協議書(法定相続人全員の署名・捺印があるもの)

 被相続人の除籍謄本、戸籍謄本または全部事項証明書(出生から死亡までの連続したもの)

 相続人全員の戸籍謄本または全部事項証明書

 相続人全員の印鑑証明書

 

(3)遺言書がなく、かつ、遺産分割協議書がない場合

概ね以下の書類が必要となります。

 被相続人(亡くなられた方)の除籍謄本、戸籍謄本または全部事項証明書(出生から死亡までの連続したもの)

 相続人全員の戸籍謄本または全部事項証明書

 相続人全員の印鑑証明書

 

 

相続手続き代行を承っております。

是非、ご相談ください。

T&Sリーガルパートナーズ
行政書士 ぶらり事務所(坂元)/広鹿事務所(田中)

631-0078
奈良県奈良市富雄元町二丁目329-1
上田ビル2階 205号室

電話  050-1001-2231
FAX
 0742-93-3604