遺言について

遺言

「遺言」とお聞きになり、皆さんはどのように感じられますか?

「縁起が悪い」「自分には無縁」「そんな財産ないよ」でしょうか。

また、「遺言を残すにはまだ早い」とお感じかも知れません。

遺言の制度について少しだけ知ってみませんか?

理解を深めていただき、そんなに悪いものではないと感じていただければ幸いです。

では、遺言のことを順に説明させていただきます。

遺言書

 

1 遺言を残すこととは?

遺言者様の死後、残されたご家族が迷うことなく、速やかにそして円満に相続することができます。

遺言者様が主役であり、ご家族のことを想い、ご自分の意思を残すことに努めてください。

遺言を書く女性

 

2 遺言を残すほどの財産がないけど

よく「それほど財産はないので」と聞きますが、平成30年度の家庭裁判所による遺産分割事件の認容・調停成立件数で、1,000万円以下が約33%を占めています。

案外、「もめごと」はどこにでも起こる可能性がありそうです。

遺産分割事件グラフ

(平成30年度司法統計より)

 

3 遺言を残したら財産は使えないの?

大丈夫です。財産は自由に使うことが出来ます。

遺言に抵触する生前処分の行為は、その部分について遺言を撤回したものみなされます。

(民法1023条)

 

遺言には遺言の自由制限があります。

遺言とは、自分の財産を遺言という意思表示によって処分する行為です。

「遺言をする・しない」「変更・撤回をする・しない」の自由が法律で保障されています。

遺言を残すには、遺言する時において遺言能力を有していなければなりません。

また、公序良俗に抵触するものであってもいけません。

(例えば、婚姻外の愛人に全額遺贈するなどは状況によって無効となる場合があります)

 

4 遺言の効力発生の時期は?

遺言は遺言者の死亡の時からその効力を生じます。

 

5 遺言は撤回できるの?

遺言者はいつでも遺言の方式に従って、遺言の全部または一部を撤回することが出来ます。

 

6 遺言の方式って?

遺言の方式には、大きく分けると普通方式と特別方式があります。
特別方式は本当に特別な時に用いられます。

 

普通方式

自筆証書遺言

公正証書遺言

秘密証書遺言

特別方式

・危急時遺言

・隔絶地遺言

 

一般的に遺言と言われるのは、「自筆証書遺言」「公正証書遺言」のことを指すことが多いです。

 

次は「自筆証書遺言について」を見てみましょう。

 

 

T&Sリーガルパートナーズ
行政書士 ぶらり事務所(坂元)/広鹿事務所(田中)

631-0078
奈良県奈良市富雄元町二丁目329-1
上田ビル2階 205号室

電話  050-1001-2231
FAX
 0742-93-3604