2021年7月23日 投稿者: tslp20201001 オフ

3M(ムダ、ムリ、ムラ)を意識しましょう

ムダ、ムリ、ムラ、3つの言葉の頭文字のMをとって「3M」。

また、後ろの文字をとって並べて変えて「3Mダラリ」と言った言葉にもなります。

 

作業の効率化を求めるときに、3Mを意識して下さい。

 

「ムダ」

・ムダが多いと生産性が悪くなる

顧客が何を望んでいるのかを把握して、適格な仕事をすることが大切です。

 

「ムリ」

・能力以上のことをしようとして、かえって作業効率が落ち、結果が残せない

・負担をかけすぎて本来の力が発揮できない

一人で抱え込まず、周囲の人とコミュニケーションを取り、お互いに助け合える関係を築くことが大切です。

 

「ムラ」

・ムラが生じると、品質・生産性が安定しない状態になります。

作業の計画を立て、管理しながらムラの無い作業を行います。

 

 

最後に。

「ムダ」を省き、効率ばかりを求めて、ひたすら突っ走ると、人間は疲れます。

「ムリ」と、行動に移す前から思い込むと、出来ることもできなくなってしまいます。

 

ムダムリ

 

 

「ムラ」の無い計画を立て、少しの「ムダ」は”ゆとり”と割り切り、程よい負荷をかけた「ムリ」をして働くのが、人間には向いているのではないでしょうか。

 

 

弊所において、行政への手続きなど、お困りごとのご相談を受け付けております。

お気軽にご連絡ください。

 

T&Sリーガルパートナーズ
行政書士 ぶらり事務所(坂元)/広鹿事務所(田中)

631-0078
奈良県奈良市富雄元町二丁目329-1
上田ビル2階 205号室

電話  050-1001-2231