2020年8月24日 投稿者: tslp20201001 オフ

住民票の除票の保存が150年になります。

住民票の除票の保存が150年に。

 

住民票の除票とは、転出や死亡などにより消除された住民票を言います。

これまでは5年間保存でしたが、令和元年6月20日以降に消除または改製された日から150年間保存されます。

相続関係の証明書類収集などで、住民票の除票を取得するのですが、5年の保存期間を過ぎたときは取得できませんでした。

今後は便利になりそうです。

 

また、住民票の除票を請求できる方は、これまで住民票の取り扱いに準じていましたが、法令化により取り扱いが変わりました。

 

住民票の除票の写しを請求できる方

原則本人のみ請求できます。(15歳未満の者の法定代理人または成年後見人を含む)

※代理人が請求する場合は、本人からの委任状が必要です

【利害関係人からの請求について】

・請求者自身が利害関係人であり、自己の権利行使や義務履行のために必要な場合や官公庁へ提出する必要がある場合には委任状がなくても請求することができます。

・除票になったときに本人と同一世帯であっても、請求者自身が利害関係人でなければ委任状が必要です。

・本人と請求者が親族関係でなく委任状がない場合は、請求者自身が利害関係人であることの疎明資料の提示が必要です。

 

亡くなられた方の住民票の除票について

請求者自身が利害関係人であり、自己の権利行使や義務履行のために必要な場合や官公庁への提出が必要な場合などに限り、請求することができます。

・亡くなられたときに同一世帯であった方でも、請求者自身が利害関係人でなければ請求できません。

・亡くなられた方の住民票の除票に、個人番号の記載はできません。

 

奈良市ホームページ

 

 

弊所では戸籍取り寄せサービスを行っております。
相続手続きに必要な戸籍の取り寄せをします。
戸籍取り寄せサービス

相続人様のご負担を軽減することができます。

 

T&Sリーガルパートナーズ
行政書士 ぶらり事務所(坂元)/広鹿事務所(田中)

631-0078
奈良県奈良市富雄元町二丁目329-1
上田ビル2階 205号室

電話  050-1001-2231
FAX
 0742-93-3604