2020年8月28日 投稿者: tslp20201001 オフ

輸出用清酒製造免許の申請が令和3年4月から可能となります。

輸出用清酒製造免許について

 

「日本酒」の輸出拡大に向けた取組等を後押しする観点から、令和2年度税制改正により、輸出用清酒製造免許制度が新たに設けられます。

輸出向けに限り、清酒製造免許の新規発行を許可することに。

 

令和3年4月から、申請が可能となります。

 

輸出用清酒製造免許制度の新設により、輸出用に限って清酒の最低製造数量基準(60キロリットル)は適用されません

小規模事業者の参入をしやすくするほか、既存の酒蔵が輸出向けに高付加価値の日本酒を少量だけ製造することもできます。

「日本酒」のブランド価値の確保・向上を図ることを目的としているようです。

 

日本の美味しいお酒が、海外で広く親しまれるのは嬉しいですね!

 

国税庁ホームページ 

 

 

T&Sリーガルパートナーズ
行政書士 ぶらり事務所(坂元)/広鹿事務所(田中)

631-0078
奈良県奈良市富雄元町二丁目329-1
上田ビル2階 205号室

電話  050-1001-2231
FAX
 0742-93-3604